三四郎のまとめ集

三四郎のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・三四郎のまとめ集

Twitter (#三四郎)

23時間前

@gyakutarou

一応、芯食って伝わる様に。 新内眞衣さん、山下健二郎さん、氣志團、Creepy Nuts、けやき坂46、三四郎、Toshlさん、四千頭身、そして我々SUPER BEAVER。 本日の出演者のステージとそれを楽しんでるフロアを見てて… twitter.com/i/web/status/1…
21時間前

@annkw5tyb

オードリーのオールナイトニッポンお聴き頂きありがとうございました! パーティーで島崎俊郎さんと話した若林さん、米村でんじろう先生・三四郎の小宮さんとロケに行ってきた春日さんの話を聴き直すにはradikoのタイムフリー機能をお使いく… twitter.com/i/web/status/1…
1週前

@owarai_natalie

千鳥ノブ、三四郎小宮、霜降り粗品、和牛水田ら10名が初出演「すべらない話」(コメントあり) natalie.mu/owarai/news/31…
1時間前

@emitemit

#いだてん 不如帰、三四郎、坊ちゃん、浅草凌雲閣、車引の清さんや橘家円喬、薩摩藩士三島通庸の息子たちが横浜正金銀行の副頭取や天狗【有閑】クラブのメンバーになっていること…情報量の多さとこなし方がすごいよね。クドカンのこういう手腕には本当にほれぼれする。
1時間前

@AkairoAoiro0

せがた三四郎 シリーズ最初から最終回まで nico.ms/sm79015?ref=tw… #sm79015 #ニコニコ動画
1時間前

@komi_oO

@iizukakun あっ三四郎相田さんはいかがでしょうか。
1時間前

@minamimusashi

装幀:橋口五葉>春陽堂刊『三四郎』 (どうしても美術目線で見がち) meiji.ac.jp/social/liberty…
1時間前

@uzuki_celestia

この間美容室で雑誌読んでたら、 なつめせんせー(ご本人)の「三四郎」で登場人物は皆"迷い羊"と称されている、って書かれてて、 現代の我々も"ストレイシープ"だろうか、ってコメントに取り敢えず萌えたよね←
1時間前

@kengo_m_bot

おい、どした?おい、三四郎?お、おいっ。三四郎
1時間前

@taozikw

大河ドラマ「いだてん」,かなり面白い。今日はまさか?!の漱石オマージュにつられて『三四郎』の冒頭を再読。"(日本は)亡びるね" "いくら日本の為を思ったって贔屓の引倒しになるばかりだ"。広田先生のこの言葉に,三四郎が「真実に熊本を… twitter.com/i/web/status/1…
1時間前

@birth_whatday

1月13日【タバコの日】誕生花【ラッパズイセン】誕生石【ロードナイト】遠藤賢司、SAM、八木啓代、秋本奈緒美、野口美佳、CHARA、長山洋子、三浦りさ子、南Q太、真矢、高木三四郎、岩居由希子、オーランド・ブルーム、大島美幸、平山あや、はるな梢、ク・ハラ、中山優馬
1時間前

@momomo_end

三四郎のオールナイトニッポン0が最近のお耳の恋人です🦔 三四郎とかオードリーとかの学生時代からの仲良しコンビのラジオは聴いてて楽しいっす🦑
1時間前

@xvrzj

今日ブックオフの小説の棚にいた親子の父親の方が中学生くらいの息子に「吾輩は猫であるとか三四郎とかから読んで基礎を固めるといいで」とか色々アドバイスしてて、私もこんな父親が欲しかったな〜って羨ましくなった
2時間前

@athomegeek123

三四郎さん @katsura346 のVoicyで配信されてる自己紹介のやり方で「何か一箇所だけ深く掘り下げて話す」を早速実践したら伝えたかったキーワードの印象をバッチリ残すことができたのでぜひみんなにおすすめしたい voicy.jp/channel/775/37…
2時間前

@fujii_music

三四郎さんのVoicy聴いてちょっと思い出した。僕の父親ってすごく落語が好きな人だったんですよ。極度の不眠症で何か音を流しながらじゃないと寝れないっていう人で家族で川の字になって寝る時、必ず落語のカセットテープをかけて寝てたんです… twitter.com/i/web/status/1…

三四郎のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

三四郎について

三四郎』(さんしろう)は、夏目漱石の長編小説である。1908年(明治41年)、「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載。翌年5月に春陽堂から刊行された。『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。全13章。

九州の田舎(福岡県の旧豊前側)から出てきた小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれている。三四郎や周囲の人々を通じて、当時の日本が批評される側面もある。三人称小説であるが、視点は三四郎に寄り添い、時に三四郎の内面に入っている。「stray sheep」という随所に出てくる言葉が印象的な作品である。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク